米スタバ8千店、一時閉店へ

従業員17万5千人に人権教育

©一般社団法人共同通信社

米フィラデルフィアのスターバックス店内で座り込む抗議運動の参加者ら=16日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米コーヒーチェーン大手スターバックスは17日、米国にある8千を超える全直営店を5月29日午後に一時的に閉店にすると発表した。店舗で人種差別があったとして批判を浴びていることを受け、約17万5千人の従業員に対して一斉に人権教育を行う計画だ。

 発端は東部フィラデルフィアの店舗で12日に起きたトラブル。米メディアなどによると、黒人男性2人が注文しないままトイレを使おうとしたところ、顧客ではないとして従業員から店を出るよう求められた。2人が友人を待っているとして店内にとどまっていると、従業員が警察に通報。2人は逮捕された。