プリンスさん死亡訴追せず

麻薬入手、経路不明のまま

 【ニューヨーク共同】オピオイド(医療用麻薬)の過剰摂取により2016年4月に死亡した米人気歌手プリンスさん=当時(57)=について、ミネソタ州の検察当局は19日、死因となった強力なオピオイドをどこから入手したか突き止められず、周囲の人物らの刑事訴追はしないと発表した。米メディアが伝えた。

 オピオイドは米国で鎮痛薬として安易に処方され、依存症患者の増加や過剰摂取による死亡が社会問題化している。

 プリンスさんの死因は、オピオイドの中でも依存症になった人向けに密売されることがあるフェンタニル。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む