外ケ浜町の廃校含む13校の校歌がCDに

©株式会社東奥日報社

外ケ浜町の小中学校の校歌19曲を収めた「外ケ浜町校歌集」

 青森県外ケ浜町内の小中学校6校と、旧蟹田町・平舘村・三厩村の廃校になった小中学校13校の校歌を収録したCDが完成した。人口減少が進む同町では来年度も学校統合が予定されており、企画・監修した三厩中学校の三浦博英校長は「校歌は地域のアイデンティティー。CDとして残すことで、人々の心の古里を継承していければ」と語る。

【写真上】校歌を録音する三厩小の児童【同下】三上さん(右)の指導を受け、校歌を録音する三厩中の生徒(ともに三厩中学校提供)

 CD「外ケ浜町校歌集」は、県の「郷土を愛する心を育てる学校支援事業」の一環として製作した。三厩小、三厩中などでつくる「郷土教育三厩地区実行委員会」が中心となり、町内の各小中学校や町教委などが協力した。

 三浦校長は2017年4月から、校歌が録音されているカセットテープやビデオテープなどの音源や、校歌の楽譜を集めはじめた。計19曲のうち12曲は見つけた音源をCDに収録、2曲は今回改めて録音した。

 音源が残っていなかった5曲のうち、旧三厩村立梹榔(ひょうろう)小・中と旧三厩村立龍飛小・中の校歌は、今年1月、事業に賛同したオペラ歌手の三上伸和さん(青森市)が歌唱指導した三厩小と三厩中の児童生徒がそれぞれ歌ったものを録音。

 音源がなかった旧蟹田町立塩越小、旧平舘村立石崎小、旧三厩村立宇鉄小の校歌は、三上さんが自ら歌った。

 録音と編集は、エフエム青森と、ロックバンド「マニ☆ラバ」の元メンバー・木村治由さん(旧平舘村出身)が協力した。

 同町では来年度、平舘小が蟹田小へ、平舘中が蟹田中へそれぞれ統合される。三浦校長は「外ケ浜町は統廃合した学校が多く、人口減少も深刻だが、地域の歴史を途絶えさせてはいけない」と話す。

 CDは100枚製作し、町内の各学校や東京の県人会、校歌の作詞・作曲者らに配布。一般への販売は行わない。CDについての問い合わせは三厩中学校(電話0174-37-2042)まで。

【2018年4月20日(金)】