【特集】彼女は反省する必要などあるのか

財務事務次官のセクハラ疑惑

女性社員が福田淳一財務事務次官のセクハラ被害を受けていたと明らかにしたテレビ朝日の記者会見=19日未明、東京都港区

 福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑で、テレビ朝日は4月19日未明、緊急記者会見を開いた。それを見て、大きな違和感を覚えた。

 会見でテレ朝の篠塚浩報道局長は、同社の女性社員が福田氏のセクハラの被害者であること、何度か被害に遭った本人が、自身の身を守るために福田氏との会食におけるやりとりを録音し、週刊新潮に提供したこと、当初はテレビ朝日で報じるべきだとして上司に相談したが、上司は2次被害の心配などを理由に「報道は難しい」と判断したことなどを説明した。その上で、被害者の女性社員が音声データなどを週刊新潮に提供したことについて「取材活動で得た情報を第三者に渡したことは、報道機関として不適切な行為で、遺憾」と述べ、この女性社員も今は「反省している」と話した。

 しかし、彼女は反省する必要があるのだろうか。そもそもこの録音データは「取材活動で得た情報」と言えるのか。

 ■根深い障害■

 強調したいのは、この女性社員が一度は自身が所属する媒体で報道することを提案したという点だ。勇気を奮って決断したはずだ。それなのに、上司に握りつぶされる結果となった。よくぞ絶望せずに、週刊誌に持ち込んでくれたと思う。

 おかげで真実が表に出た。市民にとって、この情報は極めて重要なものだった。いま、財務省は疑惑の渦中にある。その事務方トップが卑劣な行動を続けていたという新たな疑惑なのだから。

 さらに、女性が働く上でセクハラの問題がどれほど根深い障害になっているかを浮き彫りにした。誰もが加害者・被害者になり得る、身近で大事な問題である。

 記者である私にも、似たような経験がある。手を握らせてくれたら一つ教えてやる。キスをさせてくれたらもう一つ教えてやる。全容を知りたいなら、一晩つきあう気で来い―。重要な取材先から、夜回りで毎回のように言われた。今も時々思い出し、悔しく、情けない気持ちになる。

 そのとき私は、情報戦で他社に後れを取っていた。ネタがほしかった。だから「そんなことを言うと、書きますよ」などと言ってかわしながら、取材を続けた。こっそり録音もしていた。不安だったからだ。

 ■傷つくのは自分■

 でも、社内の人間には黙っていた。それまでの経験で、誰かに相談する気にはなれなかったからだ。例えば社内でのセクハラ被害を周囲に訴えても「酔っぱらっていたんだから許してやれ」と言われる。それどころか、酒席の笑い話にされたこともある。うわさになるのも怖かった。不利益を被り、傷つくのは自分だ。

 最も恐れたのは、担当を変えられることだった。こんなことでキャリアを傷つけられたくなかった。「女は使えない」とレッテルを貼られるのも嫌だった。後輩の女性記者たちにも迷惑をかけるかもしれない。

 今もマスコミは圧倒的な男社会である。取材現場には女性が増えたが、組織の幹部や重要な取材先は、男性の論理で動いている。

 ■恥ずべきは誰か■

 今回、その壁を突き破ったのはテレ朝の女性社員の行動だった。彼女がもし週刊新潮に音声データを持ち込まなければ、この話は闇に葬られていたはずだ。

 彼女は今、世間の批判を受けて落ち込んでいないだろうか。社内でけん責されていないだろうか。とても気になる。「全ての女性が働きやすい社会になってほしい」と話していたという。共感と敬意を伝えたい。

セクハラが起きたとき、最も恥ずべきは加害者である。しかし、それをうやむやにし、結果的に容認している周囲も自らを恥ずべきだ。

 テレ朝は女性社員の訴えを受けても、当初は適切な行動を取れなかった。これはテレ朝だけの問題ではないだろう。

 どのようにして、組織に内在する不合理に切り込み、差別や不公正を正していくのか。それこそが、問われている。 (共同通信文化部編集委員・田村文)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS