自民、来週にも新潟知事候補決定

二階氏ら脱政党重視

 自民党新潟県連の塚田一郎会長(参院議員)は20日、同県の米山隆一知事の辞表提出に伴う知事選を巡り、来週中の候補者決定を目指す意向を記者団に示した。これに先立ち、同党の二階俊博幹事長と党本部で協議し、行政手腕があり脱政党で「県民党」を名乗れる人物の擁立を確認。複数の名前が出たという。海上保安庁の花角英世次長(59)らとみられる。

 塚田氏は「決定は来週か」との記者団の問いに「努力する。できるだけ早く」と党本部で語った。「一つの争点に限らない」とし、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題の単一争点化を警戒した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る