北朝鮮が黒鉛施設を新設か

米研究者、核拡散に懸念

2017年5月11日に撮影された黒鉛製造施設の衛星写真。矢印で示された建物が同施設(グーグルアース/ISIS提供・共同)

 【トロント(カナダ)共同】米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)のオルブライト所長は21日までに、米政府当局者の証言などに基づき、原子炉を減速させる際にも使われる超高純度の黒鉛の製造施設を北朝鮮が新たに建設しているとの報告書を公表、不正輸出をすれば核拡散につながる恐れがあると警告した。

 黒鉛は原子炉やミサイル部品のほか、さまざまな工業製品に使用される。今回特定された施設が核開発に関連していれば、21日に明らかになった北朝鮮の核開発凍結の意向とは反対の動きとなりそうだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む