【特集その4】小室哲哉「宇多田ヒカルが、僕を終わらせた」 TKブームの終焉、そして…

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。4月19日(木)のオンエアでは、いきものがかりの水野良樹とのいつものコンビに加え、「ねごと」の蒼山幸子もスペシャルナビゲーターとして参加しました。

同日の「FEATURE TOPICS」では、小室哲哉さんを扱いました。特集の初日は、幼少期からTM NETWORK、音楽プロデューサーとしての初期の活動を紹介。2日目は、“小室ブーム”を巻き起こした90年代の活躍にフォーカス。3日目は、小室ファミリーが人気絶頂の頃の伝説的なシングルチャートなどを振り返りました。最終回となる今回は、ブームの終焉や再始動、そして引退発表までの足取りをたどります。

【特集その1】小室哲哉が「ヒット曲を作るコツ」を掴んだ名曲とは?
【特集その2】小室哲哉のプロデュース力…細部まで「狙って」作っていた
【特集その3】小室哲哉の「伝説に残るシングルチャート」…400万枚以上の売り上げも!

■時代の波に乗れず…TKブームの終焉

1996年4月15日のシングルチャートでは、1位から5位までが小室さんのプロデュースによる曲でした。提供するものが全て売れていく状態でしたが、音楽シーンは少しずつ変わり始めていきます。楽曲がデータでやりとりされるようになり、世界中で音楽環境が変わり始めてきた98年頃。小室さんは海外のミュージシャンの力を借りながら、速度を上げるワールドスタンダードに、なんとか追いつこうとします。

しかし、既存の枠には収まりきらない、宇多田ヒカルさんをはじめとした新世代ミュージシャンたちが台頭してきました。小室さん自身も、宇多田さんについて「『ヒカルちゃんが僕を終わらせた』って感じですね」と語ったこともありました。

■逮捕からの活動再開

新しい時代の波に追いつけなくなり始めていた小室さん。その後はヒットから遠ざかっていきます。ついには音楽著作権の売買をめぐり、詐欺容疑で2008年に逮捕され、有罪判決を受けることになります。その後、2010年に活動を再開。「被害者の方、そして、世の中の皆さんに、ご迷惑と失望感を与えたこの事件で、音楽が自分の人生でどれだけ大切なものか、再認識できました」という言葉で、自らの罪を振り返りました。そして、作曲家として音楽での再起を誓い、再び作品をリリースしました。

AAAの楽曲に参加した小室さんはその後も、次々に音楽を作っていきます。森進一とコラボを果たしたり、北乃きい、超特急、SMAP、SCANDAL、浜崎あゆみなど、幅広いアーティストに楽曲提供を行いました。tofubeatsさんは、小室さんと対談を行った時には、「小室さんは、もはや、J-POPそのもの」とリスペクトの言葉を伝えています。 

■安室奈美恵の引退そして自身も…

小室さんの活躍は、世代を超えて今も胸に響いています。一時代を共に築き上げた安室奈美恵さんが引退を発表し、昨年11月にリリースしたオールタイムベストアルバム『Finally』には16年ぶりに小室さんの曲が収録されたことでも話題となりました。

小室さんは、今年1月の不倫疑惑報道をきっかけに、引退を発表しました。記者会見で、自発的な音楽活動からは退くものの、既に引き受けた仕事は全うするという意思を表明。その言葉の通り、スマートフォンゲームの音楽監督を担当して、昨年の春からおよそ1年で29曲を制作したことを先日発表されました。

会見では、今後のファンとのかかわりに関する質問について「『世論の比率によるかな』と思います。その割合が『なんでもいいから、生き恥を晒してでもいいから、音楽を作れよ』という意見が何割あるのか、というところで、“ファン”という不特定多数の微妙な表現よりは、この時代は数字に如実に出てくるので、数字に従いたいと漠然と思っています』と答えています。

改めて小室さんの軌跡をたどった水野は「小室さんが『スポーツ選手の引退試合みたいに、球場でスポットライトを浴びて花束を受け取る……みたいなことを想像した』ということを会見でおっしゃっていて、あの一言がすごく胸が痛かったです。あそこまで成功を収めた人が、認めてほしいという気持ちがすごく出ていて、それが本当に胸を打ったし、それがこのあと良い形で音楽と繋がっていったらいいなと思います」と語りました。

ネット上では「引退を撤回して、また音楽を発表してほしい!」といったファンの声が多く見られます。いつの日か表舞台に戻ってくることを祈りつつ、小室さんの楽曲を改めて聴いてみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

【関連タグ】
SONAR MUSIC   ねごと   小室哲哉   水野良樹   藤田琢己