九州地区高校野球 創成館4強ならず 九州国際大付に1―5

 第142回九州地区高校野球大会第3日は23日、福岡県小郡市野球場などで準々決勝4試合が行われ、創成館は九州国際大付(福岡)に1-5で敗れた。九州国際大付のほか、未来沖縄、明豊(大分)、東筑(福岡)が準決勝に進んだ。
 創成館は初回、先発荒木が3ランなどを許して4点を先行された。打線も九州国際大付の先発山本の前に散発3安打。三回2死三塁から、藤の中前打で1点を返し、七、八回も得点圏に走者を進めたが、後続を断たれた。
 未来沖縄は八幡(福岡)を9-1の七回コールドで退け、明豊は伊万里(佐賀)に5-4でサヨナラ勝ち。東筑は樟南(鹿児島)を6-3で破り、選抜大会出場校で唯一4強入りを決めた。
 24日は休養日。第4日の25日は福岡県久留米市野球場で準決勝2試合を実施する。

【準々決勝、九州国際大付-創成館】4回0/3を1失点と力投した創成館の川原=小郡市野球場

©株式会社長崎新聞社

魔法の美術館

見て、触れて、遊ぶ、 新感覚の体験型ミュージアム。2018.7.21~9.2まで、長崎県美術館にて開催!

魔法の美術館ページへ