比嘉選手に無期限停止処分

ボクシング世界戦で体重超過

©一般社団法人共同通信社

比嘉大吾選手

 日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、体重超過により世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座を剥奪された比嘉大吾選手(22)=白井・具志堅スポーツ=へのボクサーライセンス無期限停止処分を決めたと発表した。世界戦の計量失敗が日本選手初の失態であることを考慮し、重い処分となった。

 停止処分解除は、定期的な体調管理報告などを受け、総合的に勘案して決める。ファイトマネー相当額の20%を制裁金とし、復帰の場合は1階級以上上げることを義務づけた。具志堅用高会長をはじめ、トレーナーらジム関係者は管理責任を問われ戒告処分となった。