五輪・パラのメダル候補3作品に

組織委、デザイン審査で絞る

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、大会のメダルのデザインを決める審査会を開き、候補を五輪、パラリンピックとも、それぞれ3作品にまで絞り込んだ。真ちゅうで試作品をつくり、今夏に採用作品を決める。その後、製造に入る。デザイン発表は19年夏ごろになる。

 プロのデザイナーやデザインを専攻する学生を対象としたコンペには五輪、パラリンピックとも214作品の応募があった。事前審査で五輪は42作品、パラリンピックは43作品まで絞り込み、この日は審査員による議論と投票で3作品ずつを選んだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る