ピアニスト、小曽根真が紫綬褒章を受章! 4/30には世界的ジャズ・イベントに日本代表として出演

©ユニバーサル ミュージック合同会社

(c)中村風詩人

ジャンルを超え世界規模での活躍を続ける小曽根真。ジャズ・ピアニストとしての第一線での活動のかたわら、近年は国内外の主要クラシック・オーケストラとの共演を積極的に果たしており、3月にはアメリカ最高峰のオーケストラ「ニューヨーク・フィルハーモニック」との共演盤『ビヨンド・ボーダーズ』を発表し話題となった。また、6月8日公開の河瀬直美監督の最新映画『Vision』の音楽を手がけるなど、そのマルチな才能で幅広く活躍している。

そのような八面六臂の活躍が評価され、このたび平成30年春の褒章にて、学術・芸術・発明などに顕著な功績のあった者に授与される「紫綬褒章」を受章することが発表された。ジャズ・ミュージシャンの同褒章の受章は、ジョージ川口、松本英彦、渡辺貞夫、穐吉敏子、山下洋輔、日野皓正につづき7人目。受章にあたって小曽根は次のようにコメントしている。

この度は、思いがけずこのような褒章をいただき、驚きとともに喜びをかみしめています。
これを励みにボーダーレスな世界をさらにクリエイトしていけるように頑張りたいと思います。

小曽根真
4月28日
ロシア・サンクトペテルブルクより
感謝を込めて… 

尚、小曽根は、4月30日(月)にロシアのサンクトペテルブルクで開催されるインターナショナル・ジャズ・デーの「グローバル・ガラ・コンサート」に出演する。インターナショナル・ジャズ・デーは、ユネスコと米国最高峰のジャズ教育機関であるセロニアス・モンク・インスティテュート・オブ・ジャズが主催し、毎年世界各地で開催されるジャズ・イベント。そのメイン・コンサートである「グローバル・ガラ・コンサート」には、世界各国からその国を代表するジャズ・ミュージシャンが招待され演奏を披露する。今回、小曽根は日本代表として出演。コンサートの模様は、インターナショナル・ジャズ・デーの公式サイトにて生配信される予定。

■リリース情報
ニューヨーク・フィルハーモニック

指揮:アラン・ギルバート ピアノ:小曽根真
『ビヨンド・ボーダーズ』
2018.3.14 ON SALE
UCCU-1568 3,240(税込)
ユニバーサルミュージック

収録曲
1. ジョージ・ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」
2. レナード・バーンスタイン 交響曲第2番「不安の時代」

ニューヨーク・フィルハーモニック
指揮:アラン・ギルバート
ピアノ:小曽根真
2017年11月、ニューヨーク、デヴィッド・ゲフィン・ホールにて実況録音

購入はこちら

■国内公演(5~7月)
KOBE JAZZ FESTIVAL 2018
5月27日(日) 神戸国際会館 こくさいホール

マイク・スターン・バンド featuring 小曽根真、
トム・ケネディ&サイモン・フィリップス
6月15日(金)〜19日(火) ブルーノート東京
6月20日(水) 名古屋ブルーノート

小曽根真 ピアノ・ソロ・リサイタル
6月24日(日) 茨城・坂東市民音楽ホール
6月28日(木) 岐阜・関市文化会館
7月1日(日) 千葉・山武市成東文化会館
7月7日(土) 北九州・黒崎ひびしんホール 大ホール

読売日本交響楽団 第208回土曜/日曜マチネーシリーズ
7月28日(土)、29日(日) 東京芸術劇場

Photo Credit  (c)中村風詩人