憲法テーマに与野党が討論会

9条改正、意見は対立

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
憲法をテーマに議論する自民党の船田元・党憲法改正推進本部長代行(右)と、立憲民主党の枝野代表=28日午後、千葉市の幕張メッセ

 与野党8党の代表が憲法をテーマに議論する討論会が28日、千葉市の幕張メッセで開かれた。9条に自衛隊を明記する自民党の改憲条文案に関し、船田元・党憲法改正推進本部長代行が「自衛隊を等身大で書き加える」と意義を説明。一方、立憲民主党の枝野幸男代表が「従来の憲法解釈がリセットされ、海外で戦争ができる自衛隊になる」と批判するなど、野党からは反対論が相次いだ。

 主な野党は安倍政権による一連の不祥事を批判して国会審議を欠席しており、衆院憲法審査会は今国会で開かれていない。船田氏は「国会でも議論してほしい」と野党に呼び掛けたが、合意形成の難しさが浮き彫りとなった。

あなたにおすすめ