V長崎 連勝ストップ 広島に0-2 初の平和祈念マッチ

©株式会社長崎新聞社

 明治安田J1第11節第1日(28日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=8試合)V・ファーレン長崎は首位広島に0-2で敗れ、第7節から続いていた連勝は4でストップした。通算成績は4勝2分け5敗(勝ち点14)で暫定12位。
 原爆が落とされた地を拠点にするクラブ同士がJリーグ史上初めて対戦。同カードは「平和祈念マッチ」として行われた。V長崎は序盤から攻撃の糸口を見いだせず、後半7分に途中出場の広島FWティーラシンに右足で先制されると、14分にもCKから追加点を許した。
 FC東京は名古屋を3-2で退けて3連勝。勝ち点22として2位を守った。名古屋は8連敗。3位川崎は神戸に2-1で競り勝ち、3連勝で勝ち点21とした。浦和を破った湘南はこのカードで1997年以来の勝利。札幌は仙台と引き分け、8戦負けなしとした。
 第11節最終日は29日、大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田でG大阪-鳥栖を実施。第12節は5月2日に各地で9試合が行われ、V長崎は午後7時から茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで鹿島と対戦する。

【V長崎-広島】前半6分、V長崎のMF澤田がヘディングシュートを放つ=諫早市、トランスコスモススタジアム長崎