佐賀の製鋼所で爆発、1人死亡

酸素に引火か

 29日午後11時ごろ、佐賀県武雄市山内町鳥海の製鋼所「九州製鋼佐賀工場」地下で爆発があり、男性作業員(28)が死亡した。救助に向かった別の男性作業員(45)も右半身にやけどを負う重傷を負った。当時、製鋼所内にいた他の十数人にけが人はなかった。

 県警によると、死亡した作業員は、地下から煙のようなものが出たため確認に行き、爆発に巻き込まれた。地下には、1階の電気炉に酸素を送るホースが通っており、何らかの原因で漏れた酸素に引火したとみられる。

 県警は30日、実況見分を実施。火元の特定を進めるとともに、詳しい原因を調べる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS