佐賀の製鋼所で爆発、1人死亡

酸素に引火か

 29日午後11時ごろ、佐賀県武雄市山内町鳥海の製鋼所「九州製鋼佐賀工場」地下で爆発があり、男性作業員(28)が死亡した。救助に向かった別の男性作業員(45)も右半身にやけどを負う重傷を負った。当時、製鋼所内にいた他の十数人にけが人はなかった。

 県警によると、死亡した作業員は、地下から煙のようなものが出たため確認に行き、爆発に巻き込まれた。地下には、1階の電気炉に酸素を送るホースが通っており、何らかの原因で漏れた酸素に引火したとみられる。

 県警は30日、実況見分を実施。火元の特定を進めるとともに、詳しい原因を調べる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS