佐賀の製鋼所で爆発、1人死亡

酸素に引火か

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 29日午後11時ごろ、佐賀県武雄市山内町鳥海の製鋼所「九州製鋼佐賀工場」地下で爆発があり、男性作業員(28)が死亡した。救助に向かった別の男性作業員(45)も右半身にやけどを負う重傷を負った。当時、製鋼所内にいた他の十数人にけが人はなかった。

 県警によると、死亡した作業員は、地下から煙のようなものが出たため確認に行き、爆発に巻き込まれた。地下には、1階の電気炉に酸素を送るホースが通っており、何らかの原因で漏れた酸素に引火したとみられる。

 県警は30日、実況見分を実施。火元の特定を進めるとともに、詳しい原因を調べる。

あなたにおすすめ

Curated by

47NEWS

47NEWS

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。