人口減対策実現困難に 目標値見直しも

©株式会社宮崎日日新聞社

 県総合計画の重点施策を示す「アクションプラン」(2015~18年度)で、県が最優先課題に位置付ける人口減少対策の目標実現が厳しい情勢となっている。県は2030年の本県人口の目標値に100万人以上を掲げているが、国立社会保障・人口問題研究所は今年3月、本県の30年の人口推計を前回推計(13年)から1万4千人減の97万7千人へと下方修正した。国勢調査でも減少は続いており、県は目標値の見直しも視野に入れている。