米、中国の産業政策批判

通商代表「問題ある」

©一般社団法人共同通信社

講演するライトハイザー米通商代表部代表=1日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は1日、首都ワシントンで講演し、中国の産業政策を批判した。製造業の発展戦略「中国製造2025」を踏まえ、ハイテク企業に補助金を出したり、外国企業から先端技術を奪おうとしたりしていると指摘した上で「中国企業は有利な立場で競争できる。米国にとって問題がある」と述べた。

 ライトハイザー氏はムニューシン財務長官、ロス商務長官らと共に中国を訪問し、3日から政府高官と貿易問題を巡って協議する。米側は農産物や金融分野の市場開放に加え、企業への補助金削減や知的財産権の保護を要求する方針だ。