【MLB】大谷、復帰即二塁打で4戦連続安打 左足首問題なくフル出場、エ軍は連敗止める

©株式会社Creative2

オリオールズ戦に「5番・DH」でスタメン出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第2打席で“大谷シフト”を打ち破る左翼線二塁打

 エンゼルスの大谷翔平投手が1日(日本時間2日)の本拠地オリオールズ戦で3試合ぶりに「5番・DH」でスタメン出場した。第2打席で4試合連続安打となる二塁打を放ち4打数1安打。チームは同点に追いつかれた9回にアップトンがサヨナラ打を放ち3-2で勝利し連敗を4でストップした。

 大谷は4月27日(同28日)のヤンキース戦の第2打席で左足首を捻挫し、途中交代、その後の試合も欠場しこの日が3試合ぶりのスタメン出場。

 注目の第1打席は2回1死走者なし。相手先発コブと対戦。2ボール2ストライクからの5球目86マイル(138キロ)の外角低めのスプリットを引っ掛け二塁へのゴロとなったが、右方向を絞める“大谷シフト”で遊撃・マチャドがさばき、遊ゴロに倒れた。大谷は痛めた左足首をかばうことなく一塁へ全力疾走を見せた。

 4回1死走者なしで迎えた第2打席は初球を打ち返し、左翼線を破る二塁打。“大谷シフト”を打ち破る逆方向への安打で4試合連続ヒットを記録した。第3打席は初球を打ち一ゴロ、第4打席は左腕・ブライアーの前に右飛に倒れた。

 大谷はこれで打者として17試合に出場し打率.333、4本塁打12打点とした。次回登板は4日(同5日)からの敵地でのマリナーズ3連戦での先発が予定されている。

(Full-Count編集部)