【MLB】大谷、復帰戦で二塁打&エ軍サヨナラ勝利 同僚「大谷が帰ってきてハッピー」

©株式会社Creative2

オリオールズ戦に「5番・DH」でスタメン出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

エンゼルスはサヨナラ勝利で連敗ストップ、バルブエナは「勝利を重ねていける」

 エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)の本拠地オリオールズ戦で3試合ぶりに「5番・DH」でスタメン出場し、4打数1安打だった。第2打席で4試合連続安打となる二塁打をマーク。チームは同点に追いつかれた9回にアップトンのサヨナラ打が飛び出し、3-2で勝利した。連敗は4でストップ。6回にソロ本塁打を放ったバルブエナは試合後のTVインタビューに応じ、「みんなハッピー」と大谷の復帰を歓迎した。

 4月27日(同28日)のヤンキース戦の第2打席で左足首を捻挫し、途中交代していた大谷は、3試合ぶりにスタメン出場。第1打席は2回1死走者なしで二ゴロも、左足首をかばうことなく一塁へ全力疾走を見せた。

 そして、4回1死走者なしで迎えた第2打席は初球を打ち返し、左翼線を破る痛烈な二塁打。“大谷シフト”を打ち破る逆方向への安打で4試合連続ヒットを記録した。第3打席は一ゴロ、第4打席は左腕ブライアーの前に右飛。チームは6回にシモンズのタイムリー、バルブエナの本塁打で2点を先制するも、9回に追いつかれて同点に。しかし、その裏に1死満塁の絶好機でアップトンがサヨナラ打を放った。

 本塁打を放ったバルブエナは試合後、TVインタビューに応じ「オオタニが帰ってきてチームメートもみんなハッピーです」と笑顔。さらに、「これでまたチームのラインナップも厚いものになりましたから、勝利を重ねていけると思います」と手応えを示した。大谷は4打数1安打で打率.333に。連敗を脱出したエンゼルスは、ここから再び波に乗りたいところだ。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)