捜査本部が遺留品再公開

愛知の女子高生強盗殺人

現場に遺留されていたものと同型の結束ベルト(愛知県警提供)

 愛知県豊田市で2008年5月、高校1年清水愛美さん=当時(15)=が殺害された強盗殺人事件で、豊田署捜査本部は2日、現場に遺留されていたのと同型の結束ベルトやタオルなどの写真を改めて公開した。発生から10年の節目を機に新たな情報提供を求めている。

 ベルトは清水さんの手を縛るために、タオルは口をふさぐために犯人が用意したとみられる。犯人が持ち去った可能性が高い清水さんのものと同種の紺色ジャージーの写真も再公開した。

清水愛美さんのものと同種の紺色ジャージー(愛知県警提供)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS