幣原喜重郎の直筆原稿が加美で見つかる 憲法9条の意義強調

©株式会社河北新報社

幣原による「年頭雑感」の一部。「厳粛なる憲法の明文をもって、戦争を放棄し、軍備を全廃した」などの記述がある
幣原喜重郎
幣原の原稿の状態を確認する俊太郎さん(左)と昭雄さん

 戦後2人目の首相として憲法制定交渉に携わった幣原喜重郎(1872~1951年)の直筆原稿9枚が、宮城県加美町の民家で見つかった。占領期に書かれた「年頭雑感」で、憲法9条の意義などを強調する内容。独特の表現で国力再生の道を説いている。

 原稿はA5判ほどのサイズに万年筆で書かれている。正確な執筆時期は不明だが、「講和会議を目前に控えて」の文言から、1951年9月のサンフランシスコ講和会議前となる51年か50年の年頭と考えられる。当時は衆院議長に就いていた。

 「ラジオ放送原稿」とも伝わっているが、裏付け史料は見つかっていない。加筆や修正も多く、文章を練った様子がうかがえる。

 幣原は連合国軍総司令部(GHQ)の指示の下、憲法改正に当たった。原稿では荒廃した国情を踏まえつつ、「日本の将来はまことに多難であるが、地平線上に一条の光明が輝いている」と論じる。

 9条に戦争放棄と軍備全廃を明文化したことで、国力を平和産業の発達と科学文化の振興に振り向けられると指摘。他国による侵略の可能性に対して「軍備の充実や、他力本願によって国家の安全を求めてはならない」「最も効果的なる城壁は正義の力である」と持論を展開している。

 所蔵していたのは、元宮城県知事の本間俊太郎さん(78)と弟の昭雄さん(73)。昨秋、衆院議員だった父俊一氏の遺品を整理した際、蔵の中で見つけた。日本進歩党などで幣原と行動を共にした俊一氏が遺族から原稿を譲り受け、額装して居室に長く飾っていたという。

 個人での長期保存が難しいとして、2人は近く原稿を公的機関に寄贈する考え。俊太郎さんは「改憲論議が浮上する中、憲政史料は広く一般に公開した方が良い。憲法について考える契機にしてもらいたい」と話す。

<外交官らしい表現/中央大総合政策学部の服部龍二教授(日本政治外交史)の話>

 首相時のラジオ放送原稿は何点か確認したが、衆院議長時のものは見たことがない。美しい言葉を多用しているが、何を言わんとしているかは分かりにくい。本心を幾重にもオブラートに包んだような表現に、熟練の外交官らしさがにじむ。幣原は野党を巻き込んだ「超党派外交」を追求しており、はっきり本心を表明できなかったのだろう。「他力本願」は国連による平和を指しているとも読める。分かる人には分かるよう、工夫しているように感じる。

[幣原喜重郎]政治家、外交官。大正末から昭和初期にかけて4度外相を務め、対英米協調の「幣原外交」を展開した。戦後の1945年10月、73歳で首相に就任。昭和天皇の「人間宣言」を起草するなど天皇制護持に努め、憲法制定交渉に尽力した。49年、首相経験者で初めて衆院議長に就任。51年3月、在任中に死去した。

あなたにおすすめ