米中、制裁後初の公式協議

貿易戦争回避の行方焦点

©一般社団法人共同通信社

3日、北京に到着したムニューシン米財務長官(右)(ロイター=共同)

 【北京共同】米中両政府は3日、北京で貿易摩擦の問題を巡る協議を開始した。米国が3月に知的財産権侵害を理由に対中制裁の方針を公表後、公式の通商交渉は初めてとなり、貿易戦争が回避できるかどうかが焦点。中国は対中貿易赤字の大幅縮小やハイテク産業政策の見直しを迫る米国に反発しており、激しい駆け引きが予想される。

 米側の代表団にはムニューシン財務長官や通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、ロス商務長官らが加わった。4日までの日程で、中国の劉鶴副首相と協議。中国側は鍾山商務相らも参加する見通し。