中国でマルクス生誕200年大会

共産党の正統性強調

北京の人民大会堂で開かれたマルクスの生誕200年の記念大会。前列右から2人目は中国の習近平国家主席=4日(共同)

 【北京共同】中国は北京の人民大会堂で4日、共産主義理論の創始者、マルクスの生誕200年となる5日を前に記念大会を開いた。習近平国家主席が演説し「(中国共産党は)中国の人民を引っ張り、人類の奇跡をつくるマルクス主義政党」だと述べた。共産党支配の正統性や、習氏自身の思想の権威付けを図る狙いだ。

 習氏は「マルクスは近代以来の最も偉大な思想家だ」と強調。「マルクス主義の命運は早くから中国共産党と共にある」と述べ「マルクスの描いた人類社会の素晴らしい姿を絶えず中国の大地の上で示し続けなければならない」と主張した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る