西武が逆転勝ち 暴投振り逃げで決勝点、二塁走者・木村文が一気生還

©株式会社Creative2

西武vs楽天の試合経過

楽天は先発の塩見が3失点、2番手の釜田が2失点と投手陣踏ん張れず

 西武が連勝で2位ソフトバンクとの差を5.5ゲーム差とした。4日、敵地・楽天生命パークで行われた楽天戦。同点で迎えた9回に、源田の振り逃げで二塁走者の木村文が一気に生還して6-5で勝利した。

 3回に山川が左翼線への適時二塁打を放って2点を先制した西武。4回に楽天戦13連勝中の菊池がアマダーの2ランなどで4点を奪われて逆転を許した。ただ、一筋縄でいかないのが今の西武。5回に秋山のソロ本塁打で1点差に迫ると、6回に栗山が中前への2点適時打を放って再逆転に成功。7回に茂木のソロで再び同点となったが、9回に意外な形で決勝点が生まれた。

 楽天守護神の松井から中前安打を放って出塁した木村文が二塁に置き、源田が打席に。1ボール2ストライクからの4球目、松井が投じたスライダーに源田のバットは空を切ったが、足立がキャッチし切れずにボールは一塁ベンチ方向へと転がった。暴投で振り逃げとなると、二塁走者の木村文はスピードを緩めることなく一気に本塁へと突入。ヘッドスライディングで勝ち越しの本塁を陥れた。

 楽天は13連敗中だった菊池から4回に一挙4点を奪って逆転に成功するなど5点を奪ったが、投手陣が踏ん張れず、先発の塩見が5回3失点すると、2番手の釜田が1アウトしか取れずに2失点。最後は松井が決勝点を奪われ、敗れた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)