携帯端末で小児科相談

埼玉、鹿児島の2町導入

©一般社団法人共同通信社

「小児科オンライン」を紹介するキッズパブリックの橋本直也代表=4月25日、鹿児島県庁

 埼玉県横瀬町と鹿児島県錦江町は医療ベンチャー企業のキッズパブリック(東京)と提携し、0歳から中学3年生までの子を持つ町内の親らを対象に、6月から携帯端末を使って小児科医療の相談に応じる。医師確保が難しい人口減少地域で、子育て世代の負担軽減につながるサービスの構築を目指す。

 利用希望者は、同社が運営するサイト「小児科オンライン」に登録。サイト上で、平日の午後6~10時の時間帯で10分間の相談時間を選び、問診票を記入して予約する。

 回答者は、出産を機に現場から一時離れている女性小児科医など全国の約40人が務める。