北朝鮮へのビラ散布を阻止

敵対行為中止合意で韓国

記者会見する「自由北韓運動連合」の共同代表(左)=5日、韓国京畿道坡州(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国内の北朝鮮脱出住民(脱北者)でつくる団体「自由北韓運動連合」は5日、南北軍事境界線に近い京畿道坡州市で北朝鮮を批判するビラを風船で北朝鮮に飛ばそうとしたが、警察官約300人が出動して阻止した。聯合ニュースが伝えた。

 4月の南北首脳会談で合意した板門店宣言は、軍事境界線一帯での拡声器による宣伝放送やビラ散布を含むあらゆる敵対行為を中止すると明記。韓国統一省は団体に対しビラ散布は宣言に違反すると警告していた。

 現場には平和団体や地域住民ら約150人が集まり「ビラ配布は相互批判と敵対行為を引き起こしかねない」と批判した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。