大阪出身の指揮者が優勝

ポルトガル国際コンクール

木許裕介さん(共同)

 【ローマ共同】ポルトガル北部エシュポゼンデで4月23~28日にかけて行われた国際指揮コンクールで、大阪府高槻市出身の指揮者木許裕介さん(30)が優勝したことが5日分かった。

 木許さんは東南アジアなど海外で音楽活動を展開するとともに、福井大学フィルハーモニー管弦楽団客演指揮者や兵庫県宝塚市の「ベガ ジュニアアンサンブル」の常任指揮者も務めている。

 コンクールは4回目の開催。予選を通過したスペインやイタリア、中国などからの参加者9人が競った。

 木許さんは「詩情が宿り、聴く方の心を深く揺さぶる音楽ができるようまい進します」とコメントした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS