柴崎岳は守備もピカイチ 巧みなボール奪取で決勝点演出[映像アリ]

©株式会社FACTORIES

守備面での貢献が光った柴崎 photo/Getty Images

6日にリーガ・エスパニョーラの第36節が行われ、柴崎岳が所属するヘタフェがラス・パルマスに1-0で勝利した。なお、柴崎は同リーグ5試合ぶりに先発出場を果たしている。

[4-4-2]の布陣のボランチで起用された柴崎は、試合序盤から果敢なチェイシングを披露し、相手のビルドアップを妨害。終盤まで集中力を保った同選手は88分に敵陣深くでインターセプトを成功させると、このボールを味方選手に渡し、アンジェル・ロドリゲスのゴールを演出した。

同試合に出場した両軍のフィールドプレイヤーの中で、最多のファウル数(6回)を記録した柴崎。本来ファウルは奨励されるものではないが、この日の柴崎はスピードに乗ろうとしているボールホルダーに体を寄せ、幾度となく相手の攻撃の芽を摘んでいた。自身がボールを持った時のみならず、守備面でも存在感を示せることが証明されたと言っても過言ではないだろう。

※本文中の数値は英『whoscored』より引用。

参照元:youtube(再生ボタンをクリック→「youtubeで見る」をクリックでご覧頂けます)

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja