中国・ZTE、スマホの販売停止

日本ではソフト更新障害も

 【上海共同】米政府による制裁で経営の先行きが危ぶまれている中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)が、中国国内のインターネット上でスマートフォンの販売を一部停止したことが7日、分かった。また、ソフトバンクは7日、ZTE製の子ども向け携帯電話とルーターについて日本でソフトウエアの更新ができない状態になっていると明らかにした。

 ZTEのスマホは、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載。米商務省は4月16日、ZTE米国企業製の通信機器やソフトウエアなどの輸出を禁止する制裁を発表しており、販売停止はその影響を受けた可能性が指摘されている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る