家族も権利侵害、夫提訴へ

旧優生保護法下の不妊手術

©一般社団法人共同通信社

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術が繰り返された問題で、手術を受けて提訴を予定している北海道の70代女性に加え、その夫も国に損害賠償を求めて原告に加わる方針であることが8日、関係者への取材で分かった。「家族として子どもを産み育てる権利が侵害された」として、17日にも札幌地裁に提訴する予定。手術を受けた本人以外に家族が原告となれば全国初。17日に提訴するのは宮城県や東京都などの男女も含め、計5人になる見通し。

 関係者によると、女性は知的障害を理由に、人工妊娠中絶手術をした上で、不妊手術を受けさせられた。