イニエスタがもし神戸に来たら、最速でのJ1出場はいつになる?

©株式会社コリー

ヴィッセル神戸への移籍が噂されるアンドレス・イニエスタ。

スペイン各紙が伝えており、突然の報道に胸を躍らせたファンも少なくないはずだ。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

イニエスタとバルセロナの契約は6月30日まで残っており、新天地でのプレーが見られるのはそれ以降ということになる。

では、仮に神戸に加入した際、そのデビューは最速でいつになるのだろうか?

日本サッカー協会は、FIFAの規則に基づき選手の登録期間(ウインドー)を年に2回設けている。Jリーグにおける今年の登録期間は以下の通りだ。

第1登録期間(ウインドー):2018年1月5日(金)から3月30日(金)
第2登録期間(ウインドー):2018年7月20日(金)から8月17日(金)

夏の移籍市場における登録期間は7月20日(金)から8月17日(金)。

つまり、イニエスタは最速で7月20日(金)付けでJリーグへの登録が完了し、その週末に行われるJ1第17節の湘南ベルマーレ戦が最も早いデビューとなる。

第2登録期間の開始後、神戸が対戦する3チームとその日程は以下の通り。

2018年7月22日(日)
J1 第17節 神戸 対 湘南

2018年7月28日(土)
J1 第18節 神戸 対 柏

2018年8月1日(水)
J1 第19節 C大阪 対 神戸

イニエスタはワールドカップに出場予定であり、もちろん仮に神戸に加入してもチームへの合流が遅れる場合もあるが…。

ちなみに、Jリーグではサガン鳥栖がフェルナンド・トーレスの獲得に動いていると報じられているが、神戸と鳥栖は11月10日(土)に行われるJ1第32節で激突する。