ライチョウ今年も産卵

富山市ファミリーパーク

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
富山市ファミリーパークでニホンライチョウが産んだ卵=8日、富山市(同パーク提供)

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む富山市ファミリーパークは8日、飼育中の雌が卵1個を産んだと発表した。環境省などが進める「ライチョウ保護増殖事業計画」として、昨年初めて同パークで人工繁殖によるひなが誕生、今年も同じつがいで繁殖に取り組んでいた。

 同パークによると、今年4月中旬から2羽を近づけ、今月4日以降、交尾を確認。8日午前7時50分ごろ、繁殖室内で卵が見つかった。今後5~6個を産むのを待ち、専用の容器に移し、人工ふ化させる。有精卵であれば6月上~中旬にひなが誕生する見通し。

あなたにおすすめ

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。