同性カップル宣誓に受領証交付へ

東京都中野区、今夏から

 東京都中野区は9日までに、人生のパートナーとして宣誓書を提出した同性カップルに受領証を交付する「中野区パートナーシップ宣誓」の取り組みを始める方針を決めた。8月に受け付けを開始する予定という。

 区によると、20歳以上で区内在住か在住予定などが要件。宣誓書の受領証のほか、希望するカップルには財産管理や医療・介護などに関する委任契約の公正証書の受領証も交付する。8日の区議会総務委員会で取り組みの概要を報告した。

 受領証は金融機関や医療機関で示して活用できる他、企業の福利厚生を受けやすくなるなどの利点が見込めるという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS