奄美大島でチンアナゴの新種発見

研究者グループが発表

鹿児島大の藤井琢磨特任助教が撮影した「ニゲミズチンアナゴ」の群れ=2016年1月、鹿児島県の大島海峡(同氏提供)

 鹿児島県・奄美大島と加計呂麻島の間の大島海峡で、チンアナゴの新種が見つかり、研究者のグループが国際的な学術誌に8日付で発表した。近づくと姿を消すことから「ニゲミズチンアナゴ」と命名。奄美大島近海で魚類の新種が発見されたのは、2012年のアマミホシゾラフグ以来という。

 発表者の一人で鹿児島大学国際島嶼教育研究センター奄美分室の藤井琢磨特任助教が16年1月に大島海峡の水深30メートル以上の砂泥地で初めて発見、撮影した。その後20回以上通い続けたが、近づくと穴の中に逃げ込み、ようやく採取できたのは「チンアナゴの日」とされる同年11月11日だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

釣りPLUS

釣りPLUS