太陽光パネル設置義務付け

米加州の新築、20年から

米カリフォルニア州サンフランシスコの住宅の屋根で、太陽光パネルの設置作業を進める様子=9日(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州は9日、2020年から、州内の新築一戸建て住宅に太陽光パネル設置を義務付けることを決めた。再生可能エネルギー利用の取り組みは全米で進んでいるが、米メディアによると、設置義務付けは初めて。

 大気汚染が深刻化するカリフォルニア州は、独自の環境政策を推進している。オバマ前米政権が定めた自動車の燃費規制強化を見直す方針を決めるなど規制緩和を進めるトランプ政権に対しては、見直しを求めて提訴した。太陽光パネルの設置義務付けも、政権と一線を画して環境に配慮する姿勢を鮮明にした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む