茨城知事が多選自粛条例案

「連続4期」長いと異論も

 茨城県は、昨年の知事選で大井川和彦知事が掲げた公約に基づき、「知事は連続4期を超えて在任しないよう努める」とする条例原案をまとめた。10日までに大井川氏を支持する自民党県連に示したが、「4期は長い」などと異論が出ており、原案通り県議会に提案されるかは不透明だ。

 条例原案は全2条。第1条で「幅広い権限を持つ知事が長期間在任することで生じる恐れのある弊害を防止し、県政の新陳代謝を図る」と目的を定め、第2条で在任期間を4期以内と規定した。

 大井川氏は知事選で「多選禁止条例」を主張していたが、総務省が「制限には法整備が必要」と見解しているため「禁止」は見送った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る