米大統領「大成功収める」と抱負

北朝鮮との首脳会談

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
米中西部インディアナ州の空港に到着したトランプ米大統領=10日(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は10日、シンガポールで6月12日に開催される北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との史上初の米朝首脳会談を巡り、記者団に「大成功を収める」と抱負を語った。ペンス副大統領も北朝鮮の完全な非核化達成に決意を表明し、目標の達成まで一切、北朝鮮側に妥協しない方針を示した。

 ペンス氏は10日、米テレビ各社のインタビューで、北朝鮮に拘束されていた米国人3人の帰国について「米国や同盟国が妥協する前に解放を実現することができた」と指摘。北朝鮮の過去の対応と異なる兆候があり、米朝関係の「大きな転換点」となる可能性があると強調した。

あなたにおすすめ