首相出席で14日に集中審議

国会、加計やセクハラ巡り攻防

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 国会は、学校法人「加計学園」問題を巡る柳瀬唯夫元首相秘書官の参考人招致を受け、与野党攻防が激化しそうだ。安倍晋三首相は14日に開かれる衆参両院の予算委員会集中審議で、国家戦略特区の認可プロセスは適正であり、自らの関与を改めて否定し事態収束を図る構え。野党は「加計ありき」の疑惑は深まったと追及。前財務事務次官のセクハラ問題に絡み麻生太郎財務相の資質をただす。

 10日の参考人招致後に首相が国会で答弁するのは初めて。野党は首相と加計孝太郎学園理事長との長年の友人関係が加計優遇につながったとみて、首相の責任を追及していく。

あなたにおすすめ

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。