23~25日に核実験場廃棄

北朝鮮、爆破で坑道閉鎖

3月17日に撮影された北朝鮮・豊渓里の核実験場の衛星写真。(1)が北側坑道で(5)が西側坑道(デジタルグローブ/38ノース提供・ゲッティ=共同)

 【北京共同】北朝鮮外務省は12日、北東部豊渓里の核実験場を廃棄する式典を、23~25日の間に気象条件を考慮して実施すると発表した。核実験場の全ての坑道を爆破して崩落させ、入り口を完全に閉鎖。地上の設備や施設を撤去して警備員や研究者を撤収させ、周辺を完全に閉鎖するという。中国とロシア、米国、英国、韓国のメディアにも公開する。朝鮮中央通信が伝えた。

 6月12日にシンガポールで開かれる史上初の米朝首脳会談を前に、非核化の意思があることをアピールし、会談を成功させるための環境を整える狙いがあるとみられる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る