23~25日に核実験場廃棄

北朝鮮、爆破で坑道閉鎖

3月17日に撮影された北朝鮮・豊渓里の核実験場の衛星写真。(1)が北側坑道で(5)が西側坑道(デジタルグローブ/38ノース提供・ゲッティ=共同)

 【北京共同】北朝鮮外務省は12日、北東部豊渓里の核実験場を廃棄する式典を、23~25日の間に気象条件を考慮して実施すると発表した。核実験場の全ての坑道を爆破して崩落させ、入り口を完全に閉鎖。地上の設備や施設を撤去して警備員や研究者を撤収させ、周辺を完全に閉鎖するという。中国とロシア、米国、英国、韓国のメディアにも公開する。朝鮮中央通信が伝えた。

 6月12日にシンガポールで開かれる史上初の米朝首脳会談を前に、非核化の意思があることをアピールし、会談を成功させるための環境を整える狙いがあるとみられる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む