ロアッソ4連敗 横浜Cに2-4

【熊本-横浜FC】前半、相手FKで壁をつくる熊本の選手たち=ニッパツ三ツ沢球技場

 明治安田J2第14節の第1日は12日、各地で7試合を行った。ロアッソ熊本は横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で横浜Cと対戦し2-4で敗れた。4連敗で5勝7敗2分け(勝ち点17)となり、15位から暫定16位に下がった。

 熊本は5-3-2の布陣で先発を前節から4人を入れ替え、GK佐藤昭大、DF鈴木翔登らが出場。前半はゴール前へ再三攻め込まれたものの、GK佐藤が好セーブを見せ、DF青木剛が体でシュートブロックするなど果敢な守備で失点を阻み0-0で折り返した。

 ところが後半は次々に失点。10分にコーナーキックからのこぼれ球を押し込まれ、20分にはファウルからの素早いリスタートでDF陣の背後を突かれ0-2。33分にはFKから3点目を許した。熊本はMF伊東俊やMF上村周平を投入し、36分、44分にFW皆川佑介がいずれもヘディングシュートを決め2-3と追い上げた後、DFラインが前掛かりになったロスタイムに4点目を与えた。

 他会場では3位の山口が4-3で東京Vに競り勝って暫定2位に浮上。4位福岡は2-0で愛媛に快勝し、同3位につけた。松本は5-0で金沢に大勝し、最下位の京都は徳島に0-1で屈し3連敗となった。

 熊本の次戦は20日、熊本市の水前寺競技場で暫定19位の水戸と対戦する。(後藤幸樹)

©株式会社熊本日日新聞社

熊本地震 あの時何が

忘れてはならない記憶と教訓が一冊に。 熊日記者が詳細に掘り起こした連載「熊本地震 あの時何が」から17編計158回の記事をまとめ、書籍化しました。

ご購入はこちらから

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。