子宮移植でサル妊娠、大学チーム

慶応大「人で実施目指す」

©一般社団法人共同通信社

 サルから摘出した子宮を別のサルに移植して子を妊娠させることに成功したと慶応大や滋賀医大などのチームが13日、仙台市で開かれた日本産科婦人科学会で発表した。慶応大の木須伊織特任助教(婦人科)は「科学的、技術的なデータがそろった」としており、今後、病気で子宮がない女性が出産できるよう、人を対象にした国内初の子宮移植の実施を目指す。

 ただ、子宮は心臓や肝臓のような生命維持に関わる臓器ではないため、賛否両論ある。実施には学内倫理委員会の承認を得る必要があり、曲折が予想される。