翁長知事、5月下旬退院へ

沖縄県幹部が見通し

 膵臓腫瘍の切除手術を受け入院中の沖縄県の翁長雄志知事が、今月下旬にも退院する見通しであることが13日、県幹部などへの取材で分かった。退院後、自ら記者会見して病状について説明する。

 関係者によると、翁長氏は11日に富川盛武副知事ら県幹部と病院で約1時間面会し、手術後の経過や県政運営について話し合った。現在はリハビリを続け、順調に回復しているという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS