ヴォルターズ、連敗で昇格お預け B2プレーオフ準決勝第2戦

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-秋田】第2クオーター、レイアップシュートを放つ熊本の中西(1)=CNAアリーナ★あきた(上杉勇太)

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は13日、1部(B1)昇格が懸かるプレーオフ準決勝(2戦先勝制)の第2戦を行った。ワイルドカードで出場した西地区2位の熊本ヴォルターズは秋田市のCNAアリーナ★あきたで、前日に続き東地区1位の秋田ノーザンハピネッツと対戦し、65-99で敗れて2敗となり、この日の昇格を逃し3位決定戦へ回った。

 秋田と、別会場でFE名古屋に2連勝した西地区1位の福岡が決勝に進み、来季のB1昇格を決めた。熊本は19、20日、名古屋市での3位決定戦でFE名古屋と対戦。2勝すればB1の下位チームとの入れ替え戦に進み、昇格を懸ける。

 熊本はB1復帰に燃える秋田の気迫の前に完敗した。第1クオーターの出だしから相手の激しい守備にボール回しを封じられ、14-27とリードされた。第2クオーターは中西良太やジョシュ・ドゥインカーらセンター陣を中心に反撃を試みたが、逆に外からシュートを決められ、36-51で前半を折り返した。

 第3クオーターに入ると、パスの乱れから攻撃権を次々と失った上、秋田に5本連続で3点シュートを決められ50-77。最終の第4クオーターも秋田の分厚い防御網を崩せず、この試合15本の3点シュートを許すなど勢いを止めきれなかった。

(2018年5月14日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。