【MLB】苦戦続くダルビッシュ、球団社長は不安一蹴「FA選手の普通の最初の1か月」

©株式会社Creative2

カブスのダルビッシュ有とジョン・レスター(左から)【写真:Getty Images】

いまだ未勝利で防御率6.00も…レスター入団時と「不気味なほど似ている」?

 体調不良で故障者リスト(DL)入りしたカブスのダルビッシュ有投手は、15日(日本時間16日)の敵地ブレーブス戦で復帰する予定となっている。ここまで6試合登板で0勝3敗、防御率6.00。本来の力を発揮できておらず、本拠地のファンからはブーイングも浴びたが、地元メディアはジョン・レスター投手が入団した当時の状況と酷似していると指摘。球団社長は、同じように大型契約で加入し、スタートで躓きながら徐々に本来の姿を取り戻したエース左腕を引き合いに出して、ダルビッシュへの変わらぬ信頼を明かしたという。

 開幕から「5回の壁」を乗り越えられず、KOされる試合が続いたダルビッシュ。4月27日(同28日)のブルワーズ戦では6回3安打1失点(自責0)と克服したかに見えたが、2日(同3日)のロッキーズ戦は立ち上がりから苦しみ、4回1/3を7安打6失点(自責5)で降板した。この試合でも結果的に5回途中に降板。そして、体調不良でDL入りして8日(同9日)の先発登板は回避した。

 悪い流れが続いているが、米ヤフースポーツは「『不気味なほど似ている』エプスタインがダルビッシュとレスターのカブスデビューに見る類似点」と題した特集記事を掲載。ここまでのダルビッシュの成績を、左腕レスターのカブスデビュー当時と比較している。

 記事では、ダルビッシュのスタートが「低調」と指摘しつつ、「しかし、カブスのエプスタイン球団社長は、ダルビッシュのカブスでの最初の1か月が『普通のこと』だと考えている」と言及。強化責任者でもあるエプスタイン球団社長が、地元ラジオ番組で「ダルビッシュはフリーエージェントの選手として普通の最初の1か月を送っているよ。即戦力ですぐに評価される選手もいるが、それは極めて珍しいことなんだ」と話したことを紹介している。

レスターも2015年4月は苦戦、エプスタイン社長は「心配していない」

 大型契約で加わった選手も、開幕直後に苦しむのは当たり前。ここまでの結果について、同社長は不満を持っていないようだ。特集では、ダルビッシュの投球内容を紹介した上で、2015年に同じFAで加入したレスターについても「前途多難のスタートだった」と回顧。レスターは4月に4試合に登板し、0勝2敗、防御率6.23、被打率.322という成績だったことを紹介している。

「ダルビッシュと同様に、レスターはそのうち2回の登板で6回投げた。カブスの選手として最初の登板では4回1/3、3回目の登板では5回1/3という結果だった」

 確かに、入団当初の2人の投球内容は酷似しており、エプスタイン球団社長もラジオ番組で「カブスのユニホームを着たレスターの最初の1か月を見ればいい。(ダルビッシュと)不気味なくらい似ている」と言及。そして、「1つの違いは、レスターの投球は最初の月に実際に調子が悪かったのに対し、ダルビッシュの投球は力強い」と続け、「上手くやろうとしている段階なんだ。ダルビッシュにはここに慣れてもらい、皆には彼が得意なこと、成功するために必要なことを理解して、慣れてもらおうとしている」とも話したという。

 記事では、レスターは不調の後に5度目の登板、6度目の登板と内容が上向いていったが、ダルビッシュは5度目の登板で好投した後、6度目の登板で再び打ち込まれてしまったという“違い”を指摘。ダルビッシュについて「安定していない」「苦戦している」とも伝えているが、一方でエプスタイン球団社長は「心配していない」という。

「過程なんだ。そこに向かっている。もちろん良い結果が早くみられる方が好ましいが、いつもそのようになるとは限らない」

「ダルビッシュが怪我をせずにチームのために勝利を求め続ける限り、クラブハウスの人間が彼を100%支持する限り、長い目で見れば心配していない。これらの要素はそろっているからね」

 苦しいスタートとなった日本人右腕への信頼は全く揺らいでいない。ダルビッシュは本来の投球で、首脳陣の期待に応えたいところだ。

(Full-Count編集部)