関学大アメフット選手は腰椎損傷

日大が抗議文に回答

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
6日の試合で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(右端)(関学大提供)

 アメリカンフットボールの関西学院大学と日本大学の定期戦で日大選手による悪質な反則行為で選手が負傷した問題で、関学大アメフット部は15日、日大アメフット部へ送付した抗議文への回答を受け取ったと明らかにした。また、負傷した選手が「第2・第3腰椎棘間靱帯損傷」と診断されたと発表した。

 回答は15日夜に日大アメフット部のコーチが持参したという。関学大アメフット部は17日に記者会見し、返答内容や対応について説明するとしている。抗議文では、反則行為に対する見解を求めるなどしていた。

 負傷した選手は14日に兵庫県西宮市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けた。

あなたにおすすめ

Curated by

爆サイ.com

爆サイ.com

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。