中絶手術に北海道の夫婦国提訴へ

全国初、6月にも

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が繰り返された問題で、北海道の弁護団は15日、道内在住の女性(75)と夫(81)が、不妊手術に加えて人工妊娠中絶手術も強制され、子どもを産む機会を奪われ苦痛を受けたとして、6月にも国に損害賠償を求め提訴する方針だと明らかにした。旧法の問題で中絶手術を理由に国を訴えるのは全国で初めてという。

 提訴を機に、救済を求める動きが広がる可能性もある。

 弁護団によると、女性は81年、知的障害を理由に人工妊娠中絶手術と不妊手術を受けさせられた。夫は親族の説得に逆らえず同意書に署名したという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS