解体進む銅座市場 24年度めどに道路と遊歩道整備へ

©株式会社長崎新聞社

大江戸展

東京富士美術館の所蔵品による、長崎だけの特別な展覧会。浮世絵を中心に、教科書で目にしたことがあるような逸品がずらり。本物だけが持つ迫力を、是非ご堪能ください。

大江戸展特設サイトへ

 2017年11月に6人が転落する崩落事故が起きた長崎市中心部の銅座市場の解体が進んでいる。14日は歩行者の安全のため設置されていた門型の防護柵が取り外された。24年度をめどに銅座川沿いに道路と歩道を整備する。
 銅座市場は1951年、闇市の撤去のため、銅座川を人工地盤で覆い開業した。進められている解体工事は、全長約100メートルある市場の4分の3に当たる約76メートルで、昨年12月着工し6月中に終える予定。残りの部分も今後、解体する。
 市は24年度、都市計画道路銅座町松が枝町線の開通を目指している。銅座川沿いは「銅座川プロムナード」として、歩行者が水辺の雰囲気を楽しんだり、地元住民らがイベントなどを開いたりできる空間をつくる方針。
 市土木建設課は「道路整備については、まちのにぎわい創出のため、地元と協力しながら進めていく」とした。

解体工事が進む銅座市場=長崎市銅座町

あなたにおすすめ

Curated by

長崎新聞

長崎新聞