大型恐竜も「抱卵」か

つぶさないよう並べ方工夫

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
巣で卵を温めるオビラプトロサウルス類の復元図(服部雅人氏提供)

 大型の恐竜も、卵を押しつぶさないよう並べ方を工夫することで、自分で温める「抱卵」をしていた可能性があると、名古屋大などの研究チームが16日付の英科学誌電子版に発表した。

 調べたのは、恐竜の中でも鳥に近い「オビラプトロサウルス類」。体長8メートル、体重2トンの大型種だ。

 卵や巣の化石を分析。卵の殻にある気孔と呼ばれる小さい穴の数が少なく、抱卵する種の特徴を示していた。

 名古屋大博物館の田中康平特別研究員(古脊椎動物学)は「卵のない中心にうずくまり、羽毛が生えた腕を広げて直射日光など卵を守り、温度などを管理していたのではないか」と述べた。

大型のオビラプトロサウルス類の巣の化石(中国・河南省地質博物館所蔵、名古屋大提供)

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。