今季出場69分でW杯へ?「スポンサー枠」の奴は出て行け!と批判…

©株式会社コリー

ワールドカップ本大会が来月に迫り、出場する各国が予備メンバーを続々と発表している。

最もアナウンスが早かった国の一つがオーストラリア。Aリーグの終了を待って行われた。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

しかし、そのメンバー選考にファンから異論が飛んでいる。

問題となっているのは、イングランド2部のミルウォールに所属している38歳のFWティム・ケイヒルの扱いだ。

彼は今季英国へと再び渡ったが、シーズンを通しての出場機会はわずか10回しかない。

そして出場時間は更に少なく、まだ69分あまりしかピッチに出ていない状況だ。もちろん得点もない。

しかし、彼はベルト・ファン・マルワイク監督が選んだ予備メンバーに名を連ねていた。

そしてオーストラリアサッカー連盟のメインスポンサーであるカルテックスは、「ケイヒルテックス」というコラボレーション店舗を全国5箇所でオープンしたのだ。

さらに15日に絞られた26名の招集メンバーにもケイヒルは残り、ワールドカップ出場の可能性は高まっている。

当然、このような状況でファンから批判が出ないわけがない。

SNSでは「絶対的な茶番劇だ」「こんなに酷いことは初めてだ」「だから、彼はチームにいるのか?」との意見が溢れた。

『Guardian』によれば、オーストラリアサッカー連盟の会長を努めているデイヴィッド・ギャロップ氏はこう語ったという。

デイヴィッド・ギャロップ (スポンサーの指示があったか?)

「全くそんなことはない。ティム・ケイヒルの実績を見てくれ。彼は代表のために何度も力を見せてきた男だ。

彼はトルコのキャンプに行くだろう。数週間の激しいトレーニングを受けているし、最後のメンバーにも入るはずだ」

なお、ティム・ケイヒルは前にもゴールパフォーマンスがスポンサー関連の行動だったのでは?と指摘されたことがある。

Curated by

mobcast

mobcast

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。