アメフット日大選手「監督指示」

大学は否定、悪質な反則行為問題

6日に東京都内で行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(関学大提供・背番号をモザイク加工しています)

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦での悪質な反則行為問題で、危険なプレーをした日大の守備選手が「『(反則を)やるなら(試合に)出してやる』と監督から言われた」と周囲に話していたことが16日、分かった。関係者が明かした。日大広報部は、学内の調査に対し、内田正人監督が「違反をしろと言っていない」と述べたと明らかにし、否定した。

 関学大は、17日に記者会見を開く。日大に送付した抗議文への回答を15日に受け取っており、返答内容や対応について説明する。16日に兵庫県西宮市のグラウンドに姿を見せた鳥内秀晃監督は「ノーコメント。あした話す」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む