5月の大学生就職内定率4割超

採用意欲旺盛、囲い込みも鮮明

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)は16日、2019年春卒業予定の大学生の5月1日時点の就職内定率を42.8%(速報値)と発表した。前年同時期と比べ7.7ポイント上昇。就職活動が現行の日程になってから最も高い。人手不足に伴う企業の採用意欲は旺盛で、優秀な人材を獲得しようと早期に囲い込む傾向が鮮明になっている。

 今後も就職活動を続ける学生は87.5%。多くがより良い就職先を探して活動を続ける見通しだ。ただ、内定率の上昇を背景に前年同時期よりは2.5ポイント下がった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る